今回は【お金の失敗談】ヘソクリを捨てられてしまいました。という話題について紹介していきます。 
 

【お金の失敗談】ヘソクリを捨てられてしまいました。

余ったお金を取っておく時に、銀行に行く時間がなかった時、自分にしかわからないところに
置いておいたことがありました。
自分の机に並べてある雑誌の中にお金を入れた封筒を挟んでおきました。
そんなものに挟んでおくからだよと言われるとは思いますが、いつも見ている雑誌だったので
閉まった場所を忘れないためにそうしたのです。
ある時、その雑誌を読みながらお茶を飲んでいた時に、うっかりお茶をこぼしてしまいました。
ヘソクリを挟んでいることはわかっていたのですが、ヘソクリを挟んだ状態で濡れたページを開いて
机の上に置いておきました。まだもう少し見たい雑誌だったので乾燥させようと思ったのです。
そして次の日、家に帰ると自分の机の上にあったはずの、乾燥させていた雑誌がなくなっていました。
どこを探してもなく、部屋を見渡すと、母親が掃除をした形跡がありました。
そうです、母親がお茶でヨレヨレになった雑誌を捨ててしまったのです。
古紙回収に日だったからと、こんな汚い雑誌いらないでしょ?と思って気を利かせて捨ててしまったのです。
挟んであったお金は2万円程でしたが、母親にあの雑誌にお金が挟んであったのにと訴えたところで
後の祭りです。もちろん、そんなものに挟むなんてバカだねと言われてしまいました。
母親には勝手に人の部屋のものを捨てないことを約束してもらい、私もそれ以降、雑誌に挟むのはやめました。

【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

カード決済が可能なところではkyashというプリペイドカードを使用することにしました。、このカードはいつでも購入額の2%が還元になるため食料品や日用品など絶対必要なものを購入するようにしています。
また、スマホを格安でスマホに変えました。、これだけで月々1万円の節約になっています。
外食は覆面調査のアルバイトで30?50%引き、中には100%還元のお店もありました。家族だ行くことが多いので非常に助かっています。(私が節約を決意した理由)2人目が生まれ、子供の教育費や自分たちの老後について真剣考えたため。

【気になる節約効果は?】

スマホ代だけで月1万円、年に換算すると12万円。、プロバイダも変更し、月3000円、年で36000円安くなりました。

【失敗せず節約を続ける為にすべきこと】

何か目標をたてることで節約はやりやすくなると思います。例えば新車を購入したい、マイホームの頭金を貯めたい、などです。私の場合は子供が18歳になるまでに1人あたり1000万を貯める、そのためにはいまから年間200万ずつ貯金するといった目標を立てています。
もちろん日々の楽しみを犠牲にするわけにはいかないので合間合間にちょっとした目標も立てています。子供と旅行するための貯金は年15万と決めてこつこつ貯めています。旅行前後のお出かけは公園や児童館などお金のかからないところばかりになってしまいますが、メリハリをつけて節約するよう心掛けています。
また、覆面調査のアルバイトは外食費を抑えるのにもってこいです!たまにはラクしたいし、家族も外食を楽しみにしているので、今では家族も「今度はいつ調査いく?」とか「今度の調査では何が必要なの?」とか積極的に手伝ってくれるようになりました。

【お金稼ぎ体験談】就労移行支援事業所のスタッフの仕事

現在私は、障害福祉サービスの就労移行支援事業所というところでスタッフとして働いています。就労移行支援事業所とは、障がい者の人たちの就労支援をするための施設です。ここで、就労のためにパソコンや軽作業、ビジネスマナー、コミュニケーションなどの訓練をしたり、一緒にハローワークに同行したり、実際に就職面接にも同行したり、さらには就労できたら就労を長く続けるために就労定着支援も行ったりします。つまり、就労にまつわるあらゆることを利用者さんと一緒にやっていくことになります。利用者さんも就労と向き合って悩むことも多いです。そういう中で、利用者さんの就労へのモチベーションを下げないよう面談を適宜したり、励ましたりすることもします。そのようにして実際に就労してくれて、長く勤めることができ、利用者さんの自信につながった、という話を聞くと、本当にうれしくなります。利用者さんの就労という大切な人生のイベントに少しでも協力できる楽しさがこのお仕事にはあります。