【お金の失敗談】15万円もかけて、ボディースーツを購入しました。 | お金貸してくれる芸能人の特徴知りたい?神対応の数々

【お金の失敗談】15万円もかけて、ボディースーツを購入しました。

今回は【お金の失敗談】15万円もかけて、ボディースーツを購入しました。という話題について紹介していきます。 
 

【お金の失敗談】15万円もかけて、ボディースーツを購入しました。

17歳から働き始めました。田舎と言う事もあり、あまり何か欲しいと言う欲求にもかられませんでした。
ある日、先輩に誘われてボディメイクの店に行きました。ブラをパーツで販売し、自身にあった物を作ると言う会社です。そこでガードルもセットで販売されていました。
力仕事と言う事もあり自分の体型にコンプレックスはありました。試着させてもらうと、本当にお尻はプリンとして胸もコンパクトに、ウエストにもくびれができました。こえrが欲しい!!と思うのに時間はかかりませんでした。
私はガードルニ着とショーツ、ブラを一枚作成しました。合計15万円程度だったと思います。
買った時はかなり満足しましたが、結局脂肪を移動させているだけで、実際には全く体型に変わりはありません。数カ月後、他の友人もこの店でブラやガードル、コルセット一式を購入したと聞きました。
私よりもかなりお金がかかっています。そして、それを着用した状態で再会したのですが、学生の頃よりも太っているのです。始めは締めつけで食べられずに少しは痩せたと言うのですが、その後、慣れてしまい今ではガードルをしても食べられるようになり、ガードルをしているからとかなり食べてしまっていると話していました。
こんな物で体型を誤魔化すのではなく、きちんと運動して痩せようと思ったのは他でもありません。
痛い出費でした。

【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

①臨時収入があったとき財布に入れと使ってしまうので、別の封筒で保管する。
②定番ですが500円玉貯金を行うこと。(私が節約を決意した理由)子供の学費の総額を見たときに、どうやって学費を払えるか不安になりました。

【気になる節約効果は?】

①昔は現金精算が多かったので、ひと月で2~3万円の貯金ができました。
②500円貯金は500円玉があれば、貯金箱に入れるようにして、3年くらいで10万円ほどためることが出来ました。

【失敗せず節約を続ける為にすべきこと】

楽しくなければ続けられません。お金がたまってゆく実感、例えば週に一度は500円貯金箱を持って重さを実感するとか。

【お金稼ぎ体験談】個人英語塾のアシスタントのアルバイト

私は大学と大学院の頃、自分が小さい頃から習っていた英語塾でアシスタントとして働いたことがあります。先生のことはよく知っていますし、その塾のやり方も熟知していますので、とてもやりやすかったです。そこは、小学生から高校生まで来るのですが、その塾独自のメソッドを使って教えていきます。私は、発音や単語のテストを担当したり、音読を聞いたりします。ある日、高校を中退した男の子が塾に来ました。高卒認定試験が受かったから大学を受けたい、とのことでした。彼は中学からほとんど学校に行っていなかったので、英語の基礎も単語もさっぱりわかりませんでした。彼が来ているときは、ほぼつきっきりで中学英語から教えました。彼も本当に大学に行きたかったのでしょう、必死になって勉強してくれました。結局、とりあえずという感じですが、大学には合格しました。そういうことがあると、私もとても嬉しいです。このアルバイトをやっていて良かったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました